母は発達障害者

 近年、あちこちで子どもが発達障害と
認定されたと話題になります。
 私たちが子育てした時代には「ちょっ
と変わっているよね〜」で済ませていた
ことが、今は早くからその生きづらさを
認めて、社会生活をしやすいように訓練
することが大切だと認識されるようにな
ったのだと思います。

 友人が「孫に発達障害があるのがきっ
かけで、大学のセミナーに通うようにな
って講義を聴くうち、夫も発達障害なの
かもと分かってきた(^^)」と話してくれ
ました。
 ちなみに彼女のダンナさんは大学教授
でしたので、学力と発達障害は違うので
す。

 私の今の年令より若くして母は亡くな
りましたが、母が亡くなって家族全員ホ
ッとしました。
 それだけ母は家族をもめ事に巻き込ん
む人で、家族を疲れ果てさせる人でした。
 今思えば、母は発達障害だったのです。

 ウチの母親は他の家の母親とちょっと
違うぞと感じたのは、小学高学年で、中
学生になったころは、母は信頼に値しな
い人と割り切っていました。
 人生、悪いことばかりではないのです。
 そんな母のお陰で、私は何事も自分で
決めるという習慣がつきました。
 母に感謝です(m_m)

 母は思い込みが強く、自負心と劣等感
が交互に強く出て、物事をゆがんで見て
しまいます。
 また自分の気持ちだけを優先させるの
で、今で言う空気を読めない人でもあり
ました。
 同居の母の両親も、ほとほと困ってお
りましたが、たった1人の子である母を
懸命にフォローしていました。
 そんな祖父母のたいへんさを見ていた
ので、母に対しては求めてはいけないの
だと子ども心に分かりました。

 母がかき乱す家庭内騒乱のお陰で、
中学生から胃の薬を飲み続けた私は、
「誰でも母親になるより、母親適正
試験があればいいのに!」
「良い母親になれると誰が判断する
のだ?」
「良い母親が途中で悪い母親になっ
たら?」
「良い母親って?もちろんウチの母
親以外!」
 などと眠れぬ夜に思いを巡らして
いました。

 他所の家庭は平和に暮らしているのか
穏やかに暮らせるには何が大切かなど
と、中学生頃から考えていたせいで、結
婚に対してロマンチックな気持ちを抱い
たことはなく、それが現実的な考えをす
るようになったもとなので、今になって
みると良かったです。

 今、私の中の母は、ニコニコしたと
ってもいい笑顔で胸の中にいます。
 たいへんな母を持ったお陰で、困っ
たときの対処なども身につくようにな
りました。
 何がいいかは生きてみないとわかり
ません。
 母の長所である手先の器用さやきれ
い好きな点が、私に全く受けつがれな
かったのが残念と思うこの頃です。

 

【バランスコーディネーション】は、
とっても地味なエクササイズ(^o^)
 でもお子さんをおんぶや抱っこで
疲れた身体には効くようです。

 体験希望の方はファインまで
babyfine@mac.com へ












おもちゃの取り合いが始まったので、
「がんばれ!がんばれ!」と応援すると、
2人で笑い合って、何度も取りっこを
繰り返しました>^_^<



いいでしょう(∩.∩)ボーイズラブ!



人気の投稿