今だから言えること

 数十年ぶりにママ友C さんに会ったと
ことです。
 明るく頭の回転が良く、自信たっぷり
に見えるC さんから思いがけない言葉が...

「今だから言えるけど、息子は大学院の
とき、うつ病になってしまったの。大学
院は中退、入退院繰り返し家にいたんで
す。
 ま、なんとか小さな会社に入って毎日
行ってくれるので、今、私は毎朝お弁当
作りよ(^^)」
 息子は35才になるけど、結婚なんて夢
また夢、生きているだけで良いって、
思う!」

 C さんはお子さん達が優秀で、子育て
上手なようだと聞いていただけに「
さん、あなたも!!」です〜

 ある程度の年令になると、身内に精神
障害のある人は当たり前のようにいます。
 ダンナさん、ご本人、子ども、姉妹、
いとこ、おい、めい.....

 これまでもうつ病で自死してしまうお
子さんも、周りに何人かいました。
 救えなかった悔しい思いを、親御さん
は抱えて生きています。
 父親が精神科医でも子どもはうつ病と
いう例もあるので、難しい問題なのだと
思います。

 友人のうつ病になったお子さんの例を
みていると、良い子なんです。
 親にそう怒られること育ってきて、嫌
なことを強制されることなく、自分の意
志も尊重され、大事に育てられてきてい
ます。
 だからこそ、人間関係のちょっとした
つまずきや、自分の思うところと違った
りすると、気持ちの立て直しが効かない
のがきっかけで、うつになり易いようで
す。

 子どもから好かれる良い母になるより、
情を持って鍛える母の方がよさそうで
す。
 何で鍛えるか、取りあえず家事です!
 1才だって、小さなお手伝いはできるの
ですから、どんどん家事をさせましょう。
 家事は、特に食事作りは「段取りが大
事!」頭を使います。
 子どもに手伝わせるのは容易ではあり
ません。
忍耐、忍耐、忍耐です(^^)
 でも怠けたい子どもを叱咤し、嫌なこ
ともさせることで、家族の一員として誇
るものが生まれると思います。

 どうかみなさん、優秀な子、才能のあ
る子より、たくましい子になるには、ど
うすれば良いかを、いつも頭の隅におい
て下さいネ。

 



 お陰様で遠山先生の【ハートクッキング】
みなさんに喜んでいただいています♬











もち麦と野菜のスープ、ピザ風チキンカツ、
にんじんサラダ、柔らかプリン


人気の投稿