ダウン症のお子さんたち(^^)

 茨城県ダウン症協会さんからのご依頼で、
総会を催す同じ部屋で託児を経験することが
できました。
 ダウン症は染色体の突然変異でおこり、目が
つり上がっているような特徴という知識しかあ
りませんでしたので、赤ちゃんから小学生まで
の多くのダウン症のお子さん達を、どうやって
世話できるかちょっと?を持ちながら出向
きました。

 いつものように「一緒に遊ぼう♪」と声掛け
ると、スンナリおもちゃで遊び始める子、イス
の上で飛び跳ね満足する子、スタッフの気をひ
くため次から次にイタズラする子、お気に入り
に集中する子など本当に個性的で生き生きして
います。

 7才のしっかり者のお姉ちゃんが、小さなダウ
ン症の弟さんの面倒をよくみているので、「上手
にお世話してますね〜」と声をかけると「家族だ
から!」キッパリした誇るようなお姉ちゃんの
口調には、胸が打たれました。

 ダウン症のお子さんたち、年齢がわかりにくい
のですが、「赤ちゃんが大好き!」と言いながら
私たちスタッフと一緒にお世話してくれたお姉さ
んは27才で、優しい気配りができます。こんなお
姉さんに触れると、ダウン症をお持ちの親御さん
、励みになりそうです(^^)

 今回スタッフが感じたのは、パパたちの育児力
の強さです。中にはご自分のお子さんを含めた
周りのお子さん達に、本を読んだり遊んだりして
過ごしたパパさんもいて、とても助けていただき
ました。ありがとうございます♥

 ダウン症をお持ちのママにこそ、リフレッシュ
にファインに来ていただきたいと思います(^o^)
 もし周りにいらっしゃったら声かけて下さいネ。





人気の投稿